トップへ戻る
日本共産党 東京都議会議員あぜ上三和子 守ります!いのちと暮らし、子どもの未来


市場移転問題~一貫した疑惑追及、移転中止の提言


◇ 【市場移転】あぜ上三和子都議に聞きました

Q:豊洲に住む人たちが風評被害も含め心配していますが・・・
 A:都の専門家会議の平田座長が、「無害化を約束することは私はできない」などと発言、東京ガス工場跡地の汚染が、いくら対策をしてもなくせないということがハッキリしました。将来にわたってリスクがある市場への移転をキッパリと中止することが地元の安心につながり風評被害を解決することにもなります。

Q:6千億円もかけて建物を建てたのに、どうするの?
 A:“無害化できない”豊洲新市場に移転すれば食の安全も守れないうえ、税金投入も続きます。生鮮食品の市場以外なら使える施設であり、区民の声を聞いて、地元にも歓迎されるものに活用していくことこそ必要ではないでしょうか。

Q:でも、なぜ、こんなことになったの?
 A:市場移転という話はそもそも、食の安全・安心は二の次でした。「市場を東京ガス工場跡地に移せば、豊洲の開発につながり、築地の市場跡地でも大規模開発ができる」と都民のくらしよりも大規模開発優先という、石原知事以来の逆立ちした都政のゆがみの象徴が豊洲への市場移転問題です。石原知事らと二人三脚でこの計画をゴリ押ししてきたのが自民・公明ですが、まったく無反省のまま、市場の豊洲移転を小池知事に迫っています。こんな政治こそやめさせましょう。都民ファーストの会が移転の是非について態度を示していないのも無責任です。

   >>こうとう民報 6月号外


【このページをシェア】
 



◇ 豊洲市場でまたも基準100倍のベンゼン 移転中止、築地の再整備をQ&A

  詳細は「東京民報 5月号外」に掲載しています。

  >>東京民報 5月号外

 

◇ 築地再整備こそ安全・安心の道 築地のQ&A

  詳細は「東京民報 4月号外」に掲載しています。

  >>安全でも安心でもない豊洲新市場 移転はきっぱり中止を

 

◇ 築地市場の豊洲移転中止を

  詳細は「事務所ニュース 44号」に掲載しています。

  >>事務所ニュース 44号


■ 関連サイト:都議選2017 どうなる日本どうする日本「豊洲移転」